ヒゲ脱毛をはじめてから女性の対応が激変

 

 
若い頃からヒゲの濃さに悩み、今はヒゲ脱毛で処理しています。
20代前半ばからヒゲの濃さが目立つようになり、実年齢以上にみられることもよくありました。
 
特にショックだったのは20代半ばの時に行われた高校同窓会へ行った時です。
「えらいオッサンになってるな~」と高校時代の友人に言われたのがすごくショックでした。
 
当然ヒゲは毎日剃ってたものの、ヒゲが濃いと青ヒゲになってしまって老けてみえるんですよね。
この頃からヒゲをどうにかしたいという気持ちが生まれました。
 
最初にヒゲ脱毛をしたのは20代後半です。
この頃は医療脱毛ではなく、毛抜きでヒゲ抜く、つまり手作業で抜いてました。
 
ヒゲを剃った状態とヒゲを全部抜いた状態と見比べると、我ながら別人のようになってましたね。
ナルシストじゃないですけど、ヒゲ脱毛後はつい鏡を見て口周りを見てしまうって感じです。
 
こう感じるのは私だけではないようで、女性からの対応も激変しました。特に初対面の女性からはすごく印象良かったですね。
 
合コンに行っても、女性から連絡先を聞いてきたりってこともよくあるように。この頃は合コン前日にヒゲ脱毛をするようにしてました。
 
そして最近は医療レーザー脱毛でヒゲ処理をしています。完全にヒゲが無くなったわけではないのですが、髭がすごく薄くなってます。といっても、ヒゲ脱毛も何度も行わなければ効果は出ません。
 
しかも薄くなったからといっても、放置するとまたヒゲは濃くなってきます。その為、今も定期的にレーザー脱毛をしに行き、ヒゲが濃くならないよう努めています。
 
そして脱毛と同時進行でゼロファクター5αSPローションという髭が薄くなるローションを毎日使っています。
 
脱毛だけでは不安というのもありますが、なるべく肌にダメージを与えたくないのと、脱毛より安いということで使い始めました。
 
同じようにヒゲに悩みのある方は是非脱毛を試して欲しいです。剃るの脱毛では口周りの印象は全然違いますし、特に女性からの印象はすごく変わるようなのでお勧めです。
 
■髭が薄くなるローション
ゼロファクター5αSPローション