両親の看病でお金が無くなりました

大学を卒業し、2年くらい経ったとき、その時も会社員をしていて、無駄遣いもそれ程していなかったのでそれなりに貯蓄ができつつありました。私の家庭はそれ程裕福ではありませんでしたが、仕送りを両親にする必要がなかったのも幸いでした。

ただ、私は人事異動で実家を出なくてはならなくなりました。両親はその時は健在だったのですが、実家を出てからしばらくして父親が病気になりました。母はそれ程強い人ではなく一人で父親の看病をするのは不可能であったため、私は2週間に一度位のペースで実家に戻らなくてはならなくなりました。交通費は往復で1回につき3万円程度かかりました。

毎月10万円ほどのお金が交通費に消えていくことになりました。徐々に貯まってきていた貯金はあっという間に底をつきました。ただ、父親の看病のため、実家には帰る必要がありました。日々の生活もできなくなってきたので仕方無く私は消費者金融から10万円程度借金をしました。幸い、父親は数ヶ月で快方に向かい、私は実家に頻繁に戻る必要がなくなりました。

※消費者金融を利用する前にこちらで知識を得ました。⇒キャッシングの知識を理解する

ただ、早めに借金を返したい一心でそこから1年くらいは本当に切り詰めた生活をしました。おかげで計画通り借金は返済できましたが、あんな重圧はもうこりごりです。