ヒゲが濃いことによるデメリットについて

 

 
ヒゲが濃いことで様々なデメリットがありますが、その中でも1番のデメリットは「不潔があって、だらしなく見られる」ことです。
朝、しっかりとヒゲを剃っているのに伸びるスピードが速いので、夕方頃には無精髭が生えてしまい営業の仕事している方でしたら不潔感を与えるし、だらしない印象を与えてしまうリスクがあります。
 
その他にも、ヒゲが濃いと青ヒゲが気持ち悪く見られるというデメリットも存在します。
昔でしたら「濃いヒゲは男性の象徴で、無精ヒゲはワイルドでカッコ良い」というイメージがありましたが、最近では女性を中心として濃いヒゲを気持ち悪いと見る人が増えており、特にヒゲが濃い人がヒゲを伸ばして作るデザインヒゲはカッコ悪いと思われてしまっているのです。
 
しかし、残念ながら濃い人がヒゲを剃ったとしても青ヒゲが目立ってしまい、これも女性からのウケが非常に悪く、気持ち悪いという感覚は生理的なものなので気にするなと言っても無理があります。
 
その為、気になる女性が居たとしても第一印象で気持ち悪いと思われてしまうと、大きなビハインドを背負ってしまうことになるのでデメリットに感じるでしょう。
 
これらのデメリットは簡単に解決させることが難しく、根本的な解決を図る為にヒゲ脱毛を考える男性は増えています。